« グランパスは? | トップページ | チャラン・ポ・ランタン+松井玲奈 »

2016年2月 8日 (月)

どうでも良い雑感 6

故郷の鈴鹿。

清水の次郎長一家が活躍した時代に
旅籠屋だったと眉唾物の話しがある実家。
婆ちゃんが住んでたんですが、
もう手放して今は存在しません。

しかし、その跡地に不思議な空間だけが
未だに残ってます。

Img_8001

婆ちゃんが亡くなって、その家を父親らが
整理したのは随分と昔の事。
今ではそうなったのがどう言う経緯か
定かで無いです。

まぁ、
私は三男坊で幼い頃の事ですので
そんな話し合いがあった事すら
知らなかったんですが・・・

最近、実家に帰った時に母親の買い物に
付き合って車でここを通った。
おもむろに「ここはうちの土地やったんよ」
って聞かされました。

役所でも、どうやら数十年はっきり
しなかった案件だったとの事で、
四半世紀過ぎた頃に土地の所有者が
うちだったと通達があったみたいです。

周りが複雑に絡み合った地権者の関係で
通りの三角形の土地が忘れ去られた様に
残されたと想像できます。

この使い道が無い三角形。
街づくりから取り残された三角形。
四半世紀そのままだった三角形。

税金がどうなってたかは
聞かなかったんですが、
母親は役所に即答したと言ってました。
「いらんわ・・・」
国へ寄付って事でおさまった様で・・・
「あんた、欲しかった?」
そう聞かれても・・・
いや、ちょっと欲しかった気も・・・
三角形だし・・・

|

« グランパスは? | トップページ | チャラン・ポ・ランタン+松井玲奈 »

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうでも良い雑感 6:

« グランパスは? | トップページ | チャラン・ポ・ランタン+松井玲奈 »