« ラーメン横綱 | トップページ | これもご当地グルメか? »

2013年12月22日 (日)

亀山味噌焼きうどん

三重県亀山の味噌焼きうどん

久々に亀八食堂へ
(このブログでは二回目かな)

Img_3698_640x480

無造作に鉄板に放り込まれる瞬間は
毎回オォォっとなります。

Img_3700_640x480

Dynamic & Exciting

Img_3697_640x480

大人4人で
ホルモン(豚)×4
豚肉×4
うどん玉×2



B級グルメとご当地グルメのちょっとした違い。

最近のブームに乗って作り出されるB級グルメ。
地元を盛り上げようと頑張る姿は、当然感動を
呼ぶべき物であるし、何らかの地場食材が
使われてるアイデアはそれだけでも楽しい物。

それと、ほんの少し違う?ご当地グルメ。
昔からその土地に伝わる食べ物を指す事が多く、
食文化の最たるものとして土地に根付くもの。


亀山の味噌焼きうどんの歴史は高度成長期を
迎えた頃が始まりだったそうで。まだ若い方の様だ。
トラック輸送主流だった頃、関東と関西を結ぶ要所。
運ちゃん相手に安いホルモン焼肉店が多くできて
最後の〆でうどんを入れたのが始まりらしい。

東海三県の味噌文化と関西のうどん。
経済の発展、労働者と商売人。

必然的に生まれた物が時間を経て文化となる。
その辺が興味深い。


町おこしのプロジェクトでB級グルメとして売り出した
『亀山味噌焼きうどん』

半世紀も前から食べられているのに、最近まで
名称が無かったってのが、より面白く感じれます。

|

« ラーメン横綱 | トップページ | これもご当地グルメか? »

食い物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亀山味噌焼きうどん:

« ラーメン横綱 | トップページ | これもご当地グルメか? »