« 鳥栖戦・・・雑感 | トップページ | どうでも良い雑感・・・その11くらい »

2012年4月 9日 (月)

名駅ホームのきしめん

名古屋メシの一つ、『 きしめん 』

観光客が名古屋に来ても、わざわざ食べる程でも無い?
値の張るもんでも無いし、決して豪華とは言えないが・・・
他の名古屋メシ(味噌カツ、ひつまぶし、台湾ラーメンetc)が
特徴ありすぎて、脚光が当たる事が少ないご当地グルメ。

と言っても、どの店が特別美味いかって・・・?
この地方の人にとって、あまりにもポピュラーな食材過ぎて
咄嗟に浮かぶ店は・・・・


JR名古屋駅の在来線や新幹線のホームの立ち食いを
思い浮かべる人が多いのでは?

てな訳で、
昼飯にJR名古屋駅在来線1,2番ホームの店です。

Ts3j0227

割り箸を横にくわえたまま、テーブルに置かれた丼ぶりを
少し手前に引き寄せる。

熱い丼ぶりから立ち昇る湯気に顔をさらすと、
真っ先に鰹節の良い風味が鼻をくすぐる。
その瞬間から口の中が勝手に懐かしい味を思い出す。

Ts3j0228

踊る鰹節をゆっくりと汁に沈めて、平べったい麺を
ぐいっと箸で持ち上げる。
熱い丼ぶりを我慢しながら左手で持ち、
麺を掴んだ右手の箸は落語家の仕草の如く、
少しオーバー気味に上下を繰り返す。

甘辛い出汁を味わいつつ、きしめんをずずずっと・・・

きしめん喰うなら、駅のホームがおすすめです。



どうせなら昔みたいに、外で丼ぶり持って食べてぇぇ
木枯らしの中、丼ぶりから昇る白い湯気なのか、
自分の吐く息の白さなのか解らない位の真冬に・・・

|

« 鳥栖戦・・・雑感 | トップページ | どうでも良い雑感・・・その11くらい »

食い物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名駅ホームのきしめん:

« 鳥栖戦・・・雑感 | トップページ | どうでも良い雑感・・・その11くらい »