« 代表戦すらまともに観てない | トップページ | グランパスと対戦相手 »

2011年11月12日 (土)

どうでも良い雑感

桜並木で有名な五条川。名古屋の西側を流れる小川。

桜があるならこの季節、さぞ紅葉も綺麗に違いないと、
仕事で近くを通ったのでちょっと寄り道。

Ts3j0002  

残念な事に、もうほとんどの葉が落ちていた・・・

でも、
それでも陽射しが気持ち良くて、ほんの少しの時間でも
ほっとできて、幾分救われた気分・・・


河のある街
田園の風景
山に抱かれた村
海と共にある集落

名古屋市内で生まれ育った友人は、素足で田圃の中に
入った事が無いと言っていた。
(足指の間ににゅるっと入ってくる泥の感触を知らないとさ)

何が良いか何て誰も解らん。良し悪しを付ける問題でも無い。
それは単に「尺度」の問題であるから。
「尺度」=「判断・評価の基準」

自分の尺度で言えば、田圃や畑で遊んで過ごすのは
日常であった訳で・・・その事象自体は幸いであったと思える。
角度を変えて見れば、幼少の頃から繁華街を遊び場としてきた
友人を羨ましくもあり、その友人の尺度を知ってみたいとも思う。

子供の頃、山の渓流に飛び込んで遊んできた人達。
子供の頃、百様の顔を持つ海で泳いで遊んきた人達。

今度はその人達のそれぞれの尺度で見れば、
私や、その街育ちの友人も似たり寄ったり五十歩百歩な訳で。
主観が変われば、その「程度」になってしまうのが、
実におもしろい・・・


まぁ、どの程度にせよ、せめて自分が口にする食物と、
それを取り巻く環境には実際に手で触れてみて、
自分の五感が接する事ができる生活圏に居たいと思う。

|

« 代表戦すらまともに観てない | トップページ | グランパスと対戦相手 »

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうでも良い雑感:

« 代表戦すらまともに観てない | トップページ | グランパスと対戦相手 »